イオンyukata2019

ひんやり浴衣とは

生地に特殊な接触冷感素材を採用。袖を通したとき、肌に触れる部分がひんやりと気持ちのいい感触で浴衣を着るときに感じる暑さのストレスを軽減し、暑い日でも快適に過ごせます。いろいろなシーンでアクティブに楽しめる浴衣です。

  • ゆかた、結び帯、下駄の3点セット、トータルコーディネートが簡単にできます。しかも、洗濯機でまる洗いOKです。

    • 雪花絞り柄

      • フリーサイズ
      • 接触冷感
      • 吸水速乾
      • 洗濯機OK
    • つばき

      • フリーサイズ
      • 接触冷感
      • 吸水速乾
      • 洗濯機OK

    SHOP LIST

  • 面倒なおはしょりを作らなくても、簡単に着付けができるゆかたです。帯も簡単に装着可能です。

    • 紅椿

      • サイズ:M・L
      • 洗濯機OK
    • 縞なでしこ

      • サイズ:M・L
      • 洗濯機OK

    SHOP LIST

  • 悩まず着こなせる、ゆかた・帯・下駄の3点セットです。帯は結び帯ですので、着付けも簡単です。

    • プチプラ浴衣

      • フリーサイズ
    • プチプラ浴衣

      • フリーサイズ

    SHOP LIST

フィッシャーマン・ジャパンとは

漁業をカッコよく をコンセプトに集まった東北の若手漁師集団。
世界三大漁場の海をフィールドに活躍する三陸の若きフィッシャーマンたちが、地域や業種の枠を超えて、ホームのこの東北から日本全土へ、そして世界に向けて、次世代へと続く未来の水産業の形を提案していく最強のチームを結成しました。
まずは自分たちが「真にカッコよくて稼げるフィッシャーマン」になり、未来の世代が憧れる水産業の形を目指しています。

詳しくはこちら

ひんやり浴衣で夏の東北を楽しもう

夏の東北をご紹介。イオンのひんやり浴衣を着て、夏の東北を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ひんやり浴衣でまつりに行こう

東北6県の夏まつり情報をお届け。イオンのひんやり浴衣を着て、今年の夏まつりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 山形県
  • 宮城県
  • 福島県
  • 青森ねぶた祭
    開催期間:8月2日(金)~8月7日(水)
    毎年8月2日から7日までの6日間、青森市内の目抜き通りで行われる夏祭り。「ねぶた」と言われる大型の張りぼて人形を乗せた山車と、その周りで踊る「はねと」の大集団が有名です。

    詳しくはこちら

    弘前ねぷたまつり
    開催期間:8月1日(木)〜8月7日(水)
    津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつりは、三国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の勇壮華麗なねぷたが、城下町弘前を練り歩く夏まつりです。

    詳しくはこちら

    十和田市夏まつり
    開催期間:8月14日(水) 19:00〜20:30
    毎年8月14日に行われる花火大会。1958(昭和33)年から開催されており、市街地での花火大会としては、青森県南部最大規模です。

    詳しくはこちら

    黒石ねぷた祭り
    開催期間:7月30日(火)〜8月5日(月)
    今年も黒石ねぷた祭りが開催されます。7月30日と8月2日は公益社団法人青年会議所主催の合同運行です。黒石市の御幸公園に集合して市内を練り歩きます。

    詳しくはこちら

    五所川原立佞武多
    開催期間:8月4日(日)〜8月8日(木)
    五所川原立佞武多祭りとは、「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、高さが最大で20mを超える山車の壮大な運行が魅力です。

    詳しくはこちら

    脇野沢八幡宮例大祭
    開催期間:8月15日(木)〜8月17日(土)
    脇野沢地区の八幡宮例大祭は、二百数十年前に北前船で活躍した商人達によって始められ、彼らが脇野沢本村に定住していく過程で祭礼に関与していったと言われています。

    詳しくはこちら

  • 秋田竿燈まつり
    開催期間:8月3日(土)〜8月6日(火)
    竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたと言われています。

    詳しくはこちら

    秋田市夏まつり 雄物川花火大会
    開催期間:8月11日(日) 19:30〜21:00
    地元の秋田西中学校と勝平中学校両校の生徒による「デザイン花火」や、全国の花火師から厳選された10社が製作した選抜全国芸術花火集など、約7,500発の花火が打ち上げられます。

    詳しくはこちら

    港まつり 能代の花火
    開催期間:7月20日(土) 19:30〜21:00(開場 15:00)
    能代の花火の特長は、秋田県煙火業者による競演幻想花火、北日本花火興業、小松煙火工業、和火屋、大久保煙火製造所による4社で競い合い、超大玉三尺玉は、新潟県阿部煙火工業が担当します。

    詳しくはこちら

    大館大文字まつり
    開催期間:8月11日(日)
    大館大文字まつりは大館市の夏の風物詩で、昼の部・夜の部の2部構成で開催されます。昼は大館大文字踊りや演奏・パレード、夜は市内を流れる長木川では花火大会が行われます。

    詳しくはこちら

    よこての全国線香花火大会
    開催期間:毎年7月下旬
    夏の一夜を「小さな火の玉から飛び出す松葉のような火、可憐で優しく、情緒あふれる線香花火」で楽しみましょう。

    詳しくはこちら

    横手の送り盆まつり ねむりながし
    開催期間:8月6日(火) 18:00頃〜
    長さ3メートル程の小舟に、子供たちの願いを書いた短冊を飾り、笛や太鼓のお囃子と共に蛇の崎川原に繰り出します。

    詳しくはこちら

    横手の送り盆まつり 市民盆おどり・屋形舟鑑賞会
    開催期間:8月15日(木) 19:00〜21:00頃
    約1,000人の踊りの輪。踊りの輪の中では、屋形舟の鑑賞会も行います。迫力ある屋形舟をぜひ間近でご覧ください。

    詳しくはこちら

    横手の送り盆まつり 屋形舟繰り出し
    開催期間:8月16日(金) 18:30頃〜
    各町内が屋形舟を繰り出し、御霊を送ります。川原で供養をすませた舟が、蛇の崎橋の上でぶつかり合うとまつりはクライマックス。

    詳しくはこちら

    YOKOTE 音 FESTIVAL
    開催期間:8月18日(日) 10:00〜17:00(一部20:00まで)
    「横手を元気にしたい」と志す若者が一致団結し、横手を魅力溢れるものにしようと企画。10年も20年も続くような仕組みづくりに邁進する。

    詳しくはこちら

    七夕絵どうろうまつり
    開催期間:8月5日(月)〜8月7日(水)
    秋田藩佐竹南家に京都からおこし入れになられたお嬢様のために、京への郷愁を五色の短冊に託し青竹に飾りつけたのが始まりとされた、約300年の歴史ある祭りです。

    詳しくはこちら

    大曲の全国花火競技大会
    開催期間:8月31日(土) ①17:15〜 ②18:50〜
    「大曲の花火」は、1910年(明治43年)に諏訪神社の祭典の余興として開催された「奥羽六県煙火共進会」から始まり、100年以上の歴史を誇ります。

    詳しくはこちら

    能代七夕「天空の不夜城」
    開催期間:8月3日(土)〜8月4日(日)
    太鼓、笛、田楽と呼ばれる長方形の灯籠を子供達が頭に乗せ、巨大な鯱を冠した城郭型の灯籠を引き回し、まち中を練り歩きます。

    詳しくはこちら

  • 盛岡さんさ踊り
    開催期間:8月1日(木)〜8月4日(日)
    本年も8月1日~4日までの4日間、中央通をメイン会場とし"魅せる祭り"と"参加する祭り"のコラボレーションを展開し祭りを盛り上げます。

    詳しくはこちら

    釜石よいさ
    開催期間:8月3日(土) 16:00〜19:15
    東日本大震災による2年の休止を経て、次世代に受け継がれた“釜石の夏の風物詩”は、早いもので復活から7年目を迎えます。今年も“夏の風物詩”を思い切り楽しみましょう。

    詳しくはこちら

    一関夏まつり
    開催期間:8月2日(金)〜8月4日(日)
    まつりのメイン会場となる一関市大町では、趣向を凝らした七夕が通りを華やかに飾ります。また磐井川河畔では水難物故者追悼の花火大会が繰り広げられます。

    詳しくはこちら

    かわさき夏まつり花火大会
    開催期間:8月16日(金) ①15:00〜 ②19:00〜21:00
    毎年8月16日の送り盆に合わせて行われる「かわさき夏まつり花火大会」は、大迫力のスターマインなど大小約10,000発の花火が夏の夜空を彩ります。

    詳しくはこちら

    宮古夏まつり
    開催期間:①7月27日(土)〜7月28日(日) ②8月12日(月)
    沿岸地方独自の伝統的な郷土芸能が披露され、東北の短い夏を賑やかに彩ります。豪快な太鼓演奏が繰り広げられる海の太鼓フェスティバルや海上花火大会なども行われます。

    詳しくはこちら

    あんどんまつり
    開催期間:8月14日(水)〜8月16日(金) 16:00〜22:00
    江戸時代の天明・天保と打ち続いた飢饉で餓死した人々を供養するために始まったと伝えられる祭りです。およそ200年の歴史を誇ります。

    詳しくはこちら

    石鳥谷夢まつり
    開催期間:8月13日(火) 19:30〜21:00
    子どもからお年寄りまで地元の人達が結集して盛り上げるイベント。花火はスターマインなど3部構成で打上げられ、アトラクションなども登場する。

    詳しくはこちら

    土沢七夕まつり
    開催期間:8月6日(火)〜8月7日(水) 15:00〜21:00
    土沢商店街を歩行天国となります。是非ご家族ご友人お誘いあわせの上、ご来場くださいますようご案内いたします。

    詳しくはこちら

    イーハトーブフォーラム2019
    開催期間:8月24日(土) 19:30〜20:45
    スターマインなど約7000発の花火が、幻想的な空間のなか打ち上げられ、北上川の上空を染め上げる。花巻市内の小学生から花火のデザインを募集しており、選ばれた花火も打ち上げられる。

    詳しくはこちら

    奥州水沢夏まつり
    開催期間:8月7日(水)
    踊り手が水沢駅通りを踊り歩く、水沢ざっつぁかまつりや、歴代厄年連が創作演舞を披露する干支和などさまざまなイベントで構成され、奥州水沢の花火大会で盛大にフィナーレを迎えます。

    詳しくはこちら

    北上・みちのく芸能まつり
    開催期間:8月2日(金)〜8月4日(日)
    民俗芸能の鑑賞を目的に来られる方に是非見ていただきたいのは、まつりの2日目の夜にJR北上駅前の大通りで開催する民俗芸能公演です。

    詳しくはこちら

    ヤマセあきんどまつり
    開催期間:8月6日(火)〜8月8日(木)
    七夕まつりに合わせてまちの商店会連合会が中心になって行う祭りです。久慈地方に伝わる盆踊りの大競演会やふれあい夜市などが盛大に繰り広げられます。

    詳しくはこちら

  • 山形花笠まつり
    開催期間:8月5日(月)〜8月7日(水) 18:00〜21:30頃
    威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、 山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げます。

    詳しくはこちら

    酒田花火ショー
    開催期間:8月3日(土) 19:30〜21:00
    最上川河口の広大な敷地を最大限に利用したダイナミックな花火ショーです。水上スターマインや空中スターマイン、圧巻の2kmに渡る空中ナイアガラなど見どころ満載です。

    詳しくはこちら

    赤川花火大会
    開催期間:8月17日(土) 19:15〜
    赤川花火大会は、山形県・鶴岡市の赤川河川敷で行われる全国花火競技会です。2014年には、日本の花火100選でベスト10に入り、全国の花火大会で屈指と評価されるまでになりました。

    詳しくはこちら

    新庄まつり
    開催期間:8月24日(土)〜8月26日(月)
    勇壮にして華麗な3日間。囃子の響きがまちを包み込み、新庄の夏は、まつりの興奮と熱気でフィナーレを迎えます。

    詳しくはこちら

  • 仙台七夕まつり
    開催期間:8月6日(火)〜8月8日(木)
    仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。

    詳しくはこちら

    塩竈みなと祭
    開催期間:7月14日(日)〜7月15日(月)
    海の日の本祭では、陸奥国一之宮・志波彦神社鹽竈神社の御神輿を「御座船(日本唯一の祭り専用船)龍鳳丸・鳳凰丸」に乗せ、松島湾内を5時間にわたって巡幸します。

    詳しくはこちら

    石巻川開き祭り
    開催期間:7月31日(水)〜8月1日(木)
    治水で石巻の街を救った川村孫兵衛重吉扇に対する報恩感謝の祭りとしてはじめられたこの「川開き祭り」、供養祭や川施餓鬼供養祭などの祭典行事が厳粛にとり行われています。

    詳しくはこちら

    気仙沼みなとまつり
    開催期間:8月3日(土)〜8月4日(日)
    気仙沼みなとまつりの背景は、昭和24年にまだ気仙沼町だった時代に行われた気仙沼湾振興まつりがあります。

    詳しくはこちら

    おおさき古川まつり
    開催期間:8月2日(金)〜8月4日(日)
    本年も8月2日(金)から4日(日)の3日間盛大に開催されます。8月2日(金)は、おおさき花火大会、8月4日(日)は、古川七夕まつりが行われます。

    詳しくはこちら

  • 福島わらじまつり
    開催期間:8月2日(金)〜8月4日(日)
    福島市各地の祭りで使われている「福島音頭」のリズムを取り入れた和太鼓のアンサンブルに編曲し、勇壮な太鼓隊による生演奏に合わせて新生わらじおどりを踊ります。

    詳しくはこちら

    ふくしま花火大会
    開催期間:7月27日(土) 19:30〜20:30
    今年は福島の夏まつりのオープニングを飾る夏の風物詩として、令和元年を迎えオールふくしまで明るい未来を創るために、多彩な花火で「美しい調和」を表現し、皆様に元気と勇気をお届けします。

    詳しくはこちら

    サマーフェスタ IN KORIYAMA「ビール祭」
    開催期間:7月24日(水)〜7月28日(日)
    郡山市のビール祭りは国内最大級の規模を誇る「屋外特設ビアガーデン」です。本場ドイツバンドの演奏を聴きながら、生ビールや郡山の素材をいかした料理を楽しめます。花火も毎日打上げます。

    詳しくはこちら

    郡山うねめまつり
    開催期間:8月1日(木)〜8月3日(土)
    郷土の伝説である奈良時代の宮中女官の「采女(うねめ)物語」を主題として作られた祭り。日本最大級の大太鼓「十尺大締太鼓」が響く中での踊り流しを中心に、様々なイベントが行われます。

    詳しくはこちら

    いわき花火大会
    開催期間:8月3日(土) 19:00〜21:00
    アクアマリンパークにて、いわき花火大会が開催されます。本年は、「令和元年 光彩陸離~今年も花火を観にいくBAY~」をテーマに、約10,000発の打ち上げ花火をお楽しみいただけます。

    詳しくはこちら

    白河関まつり
    開催期間:8月4日(日) 19:30〜21:00
    白河の夏を彩る白河関まつり「市民納涼花火大会」は、毎年8月上旬に開催される花火大会です。各商店街による露店などが並ぶ歩行者天国が同時期に開催されます。

    詳しくはこちら

    相馬野馬追
    開催期間:7月27日(土)〜7月29日(月)
    花火のように打ち上げられた御神旗を300騎以上の騎馬武者が、荒々しく奪い合うイベントです。戦国時代にタイムスリップしたような光景を是非ご覧ください。

    詳しくはこちら

    須賀川市釈迦堂川花火大会
    開催期間:8月24日(土) 19:00〜
    須賀川花火は、県下最大級の10,000発の花火が打ち上げられます。約90分の間に、10,000発もの花火が須賀川の夜空を彩ります。

    詳しくはこちら

ページ最上部へ